革ベルトとは

ベルトに使用する牛革の種類

牛革ベルト一般に仔牛皮のように薄くて小さい軽い皮をスキン(Skin)と呼び、
成牛皮のように25ポンド以上ある厚く重い皮をハイド(Hide)と呼びます。

カーフスキンのベルト
生後6ヶ月以内の仔牛の皮を使用したものです。
きめ細かく柔らかいため牛皮の中でもっとも上質とされています。
用途:ベルト、靴甲革(アッパー)、鞄等
キップスキン
生後6ヶ月-2年の中牛の皮を使用したものです。 カーフより厚手でカーフについで上質とされています。
用途:ベルト、靴甲革(リーガルの靴が有名)、鞄等
カウ・ハイド
生後約2年の牝牛の皮で厚くて丈夫なのが特徴です。(ステアより薄い。
用途:ベルト、靴甲革、鞄、靴底革(ソール)等
ステア・ハイド
生後3-6ヶ月に去勢された牡牛が成牛(22kg以上)になった時(生後2年以上)の皮で最もよく使用される素材です。
用途:ベルト、靴甲革、鞄、靴底革等
ブル・ハイド
生後3年以上の去勢されていない牡牛の皮で最もキメが粗いのが特徴です。
厚くて丈夫なので主に底革に使われます。
用途:ベルト、靴甲革、鞄、靴底革等

ハ虫類の革(レップタイル・レザー)

ワニ革ベルト
ワニ革特有の凸凹模様が特徴的な高級素材でクロコダイル種とアリゲーター種があります。
最上級であるクロコダイル(東南アジア産のイリエワニ)やアリゲーター、カイマンなどが有名です。
部位によっても等級があり、肚ワニ(はらわに)と言うワニの腹部は高級とされています。
鱗の模様によって玉符(柔らかめ)と竹符(硬め)があります。
用途:バッグ、ベルト、時計バンド等
トカゲ革ベルト
丸斑模様のリング、縞斑のオーバルなど様々な種類があり、ジャワのリザードというトカゲが有名です。
また、リングマークトカゲ(リングトカゲ)が最も高級とされています。
用途:ベルト、バッグ、靴甲革、時計バンド等
ヘビ革ベルト
美しい鱗が特徴ですが耐久性が低いです。ヘビ革ではにしきヘビ(パイソン)が有名です。

通称による革の分類

スムースレザー
鞄に使われることが多い2mm厚程度のカーフで、
使っているうちに風合いが でてくるのが特徴です。
ブライドルレザー
フルグレインカウハイドをタンニンでなめした後、蜜蝋に何度も漬け込んでなめした
耐久性の高い素材でブライドル(クツワなど馬具の総称)用に英国で開発されました。
ロウでコーティングされているので、変色に強く耐水性があり、使い込むほどに光沢が益し、いつまでも頑強であるのが特徴です。
ブルームと言われる白い粉が使い初めの際、吹いていることがあります。
BELTING LEATHER
西部ステア・ハイドを傷やしわを除きタンニン鞣をした後、
オイルにつけてつやを出す加工したものです。(HARTMANNの鞄に使用されているものは、
発電機用のベルトと同じ工業用牛革を同様な製法でなめしています。)
サドルレザー
厚みがあり、馬の鞍やベルトに使われる革です。
グラブタンレザー
野球グローブに使用されている革からヒントを得て開発された革で、
アメリカの鞄メーカCOACH(コーチ)の鞄に使用されている素材です。
しなやかで色落ちしにくいという特徴があります。
ボックスカーフ
ベビーカーフをクロムでなめし、仕上げに顔料を施した肉厚な素材です。
伸縮性と柔軟性に富み、長期の使用でも表面に変化がでないのが特徴です。
デゥブイ社というフランスの革メーカーのものがエルメスでも使用され有名です。
コノリーレザー
英コノリー社独自製法の革で、イギリスの鞄メーカであるタナー・クロール社の鞄にも使用されています。
手触りが良く、耐水性、耐摩耗性にも富む為、ベルトやロールスロイスのシートにも使用されています。