ナイロンベルト

ナイロンの素材について

最も早く合成繊維の中で工業化され、米国では1936年から生産が始まり、
日本では1940年から東洋レーヨン(現 東レ)が研究を始め、漁網、
テグスなどの少量生産を経て1951年に本格生産を開始しました。

製造方法

ナイロンベルトナイロンは、アミド基(CONH)で炭化水素基(CH2)が結合されたものが線状に連なった、
線状ポリアミドの一般名であり、ナイロン66、ナイロン6など炭素原子の結合状態によって分類されます。
ちなみにこれらのナイロンが衣料用途においては殆どを占める。
ポリマーはナイロン6繊維の原料となり、石油あるいは石炭からベンゼン、
シクロヘキサンを経て、ε―カプロラクタムが合成されて更にこれを重合して作られます。

また、ナイロン6の中間原料であるアジピン酸と別の石油化学製品であるヘキサメチレンジアミンとを
重合することによりナイロン66繊維が作られます。
溶融紡糸法というおなじ方法でナイロン6、ナイロン66ともに製造されます。

ナイロンベルトの特徴

産業用にはナイロン66が好まれる傾向があるが、
ナイロン6に比べてナイロン66の方が融点は高い(ナイロン6 約220℃、ナイロン66 約260℃)ためで、
衣料用には風合いに少し差が出る為に商品によって使い分けられています。
これら2種類のナイロンの特徴は次の通りである。

  • 1.強度が高く、特に摩耗しにくく摩擦に強く
  • 2.伸縮性があり柔らかい。低温でも硬くなりづらい。
  • 3.反応性が高く、薬品による加工が容易。
  • 4.熱セット性があるため、糸の伸縮加工がし易い。
  • 5.ポリエステルと比較して、原料コストが割高である。
  • 6.ポリエステルと比較して、寸法安定性が少し悪い。
  • 7.長期間経つと黄ばみがでることもある。

用途

上記の特徴を踏まえ、ベルト、インナーウェア、スキーウェア、水着、
ストッキングなどのスポーツ衣料、混紡短繊維などに使用されます。
また自動車のエアバック用素材として耐熱性を活かしナイロン66が使用されています。

化学繊維の中でもナイロンは長い歴史をもっているものの一つで、
衣料用からインテリア用、産業資材用などあらゆる用途に使用されている

他の合成繊維に比べてナイロンは摩耗や折曲げに対して強く、
しなやかな感触をもっていることが大きな特長といえる。
このため軽くて薄く柔軟性に富んだ織物や編物を作ることができる。
さらに染色しやすいなどの特徴もあることから、近年衣料用の新しい素材開発が盛んに行われている。

ナイロンはフィラメントがほとんどで、極めて太いものから非常に細いものまであり、
ランジェリーやスポーツウェア、パンティストッキングなどの衣料分野、
カーペットなどのインテリア分野、さらには漁網、ロープ、タイヤコードなど産業資材分野にも幅広く使用されている。

特徴

非常に郷土の高い繊維の一つ。折り曲げや摩耗などに対しても非常に丈夫。

比重は1.14で生糸の80%、綿の70%という軽さ。
水にぬれてもほとんど水を吸ず早く乾き、洗濯が簡単。
弾力性に優れ、しわになりにくい。
熱可そ性があり適正なセットをすると、伸縮したり、形くずれすることはほとんどない。
薬品、油に強く、海水にもおかされない。
カビ、虫の害を受けない。