革ベルトとは

ベルトに使用する牛革の種類

牛革ベルト一般に仔牛皮のように薄くて小さい軽い皮をスキン(Skin)と呼び、
成牛皮のように25ポンド以上ある厚く重い皮をハイド(Hide)と呼びます。

カーフスキンのベルト
生後6ヶ月以内の仔牛の皮を使用したものです。
きめ細かく柔らかいため牛皮の中でもっとも上質とされています。
用途:ベルト、靴甲革(アッパー)、鞄等
キップスキン
生後6ヶ月-2年の中牛の皮を使用したものです。 カーフより厚手でカーフについで上質とされています。
用途:ベルト、靴甲革(リーガルの靴が有名)、鞄等
カウ・ハイド
生後約2年の牝牛の皮で厚くて丈夫なのが特徴です。(ステアより薄い。
用途:ベルト、靴甲革、鞄、靴底革(ソール)等
ステア・ハイド
生後3-6ヶ月に去勢された牡牛が成牛(22kg以上)になった時(生後2年以上)の皮で最もよく使用される素材です。
用途:ベルト、靴甲革、鞄、靴底革等
ブル・ハイド
生後3年以上の去勢されていない牡牛の皮で最もキメが粗いのが特徴です。
厚くて丈夫なので主に底革に使われます。
用途:ベルト、靴甲革、鞄、靴底革等

ハ虫類の革(レップタイル・レザー)

ワニ革ベルト
ワニ革特有の凸凹模様が特徴的な高級素材でクロコダイル種とアリゲーター種があります。
最上級であるクロコダイル(東南アジア産のイリエワニ)やアリゲーター、カイマンなどが有名です。
部位によっても等級があり、肚ワニ(はらわに)と言うワニの腹部は高級とされています。
鱗の模様によって玉符(柔らかめ)と竹符(硬め)があります。
用途:バッグ、ベルト、時計バンド等
トカゲ革ベルト
丸斑模様のリング、縞斑のオーバルなど様々な種類があり、ジャワのリザードというトカゲが有名です。
また、リングマークトカゲ(リングトカゲ)が最も高級とされています。
用途:ベルト、バッグ、靴甲革、時計バンド等
ヘビ革ベルト
美しい鱗が特徴ですが耐久性が低いです。ヘビ革ではにしきヘビ(パイソン)が有名です。

通称による革の分類

スムースレザー
鞄に使われることが多い2mm厚程度のカーフで、
使っているうちに風合いが でてくるのが特徴です。
ブライドルレザー
フルグレインカウハイドをタンニンでなめした後、蜜蝋に何度も漬け込んでなめした
耐久性の高い素材でブライドル(クツワなど馬具の総称)用に英国で開発されました。
ロウでコーティングされているので、変色に強く耐水性があり、使い込むほどに光沢が益し、いつまでも頑強であるのが特徴です。
ブルームと言われる白い粉が使い初めの際、吹いていることがあります。
BELTING LEATHER
西部ステア・ハイドを傷やしわを除きタンニン鞣をした後、
オイルにつけてつやを出す加工したものです。(HARTMANNの鞄に使用されているものは、
発電機用のベルトと同じ工業用牛革を同様な製法でなめしています。)
サドルレザー
厚みがあり、馬の鞍やベルトに使われる革です。
グラブタンレザー
野球グローブに使用されている革からヒントを得て開発された革で、
アメリカの鞄メーカCOACH(コーチ)の鞄に使用されている素材です。
しなやかで色落ちしにくいという特徴があります。
ボックスカーフ
ベビーカーフをクロムでなめし、仕上げに顔料を施した肉厚な素材です。
伸縮性と柔軟性に富み、長期の使用でも表面に変化がでないのが特徴です。
デゥブイ社というフランスの革メーカーのものがエルメスでも使用され有名です。
コノリーレザー
英コノリー社独自製法の革で、イギリスの鞄メーカであるタナー・クロール社の鞄にも使用されています。
手触りが良く、耐水性、耐摩耗性にも富む為、ベルトやロールスロイスのシートにも使用されています。

綿ベルトについて

綿ベルトについて

「綿ベルト」というものをご存知でしょうか。
綿ベルトとはどのようなものかというと、綿布でできたコンベアベルトです。
化学繊維や樹脂がコンベアベルトの主な素材として使用されています。
例としてはナイロン帆布+塩ビ、ポリエステル帆布+ウレタン、ガラスクロス+フッ素樹脂があります。

構造

ベルトコンベアが開発された当初は、種類も少なく、化学繊維の性能も低く、
量産性と強度に優れた素材ではありませんでした。
そのようなことから安定して使用できる材料が綿布しか当初はありませんでした。
現在では多くの製造ラインで樹脂ベルトなどが普及していますが、
今でも綿ベルトが使われているラインがあります。

レーシング加工

たとえば段ボールの製造ラインでは、綿ベルトの製造ラインが、
中芯と板紙を接着する工程に使用さています。
これは綿ベルトが持つ耐熱性とクッション性が必要とされているからです。

綿ベルトはエンドレス(輪っかにすること)するのにレーシング加工と、
呼ばれる金属金具を用いているため熱が発生しにくいのですが、
一般的な樹脂ベルトは接着材でエンドレスされるのですが、この工程でかかる熱で接着材が溶けてしまうのです。
また、成形直後の部品が熱い状態でも、高い耐熱性を持っているため、
自動車部品でも、大型射出成型部品(ダッシュボードなど)が成形機から出てすぐのラインでも使用できます。

他にもクッキーやビスケットなどの焼き菓子を製造する際、
オーブンから出た焼きたてお菓子には今でも多く使われています。
(オーブンの中は、スチールベルトや、ワイヤーネットが使われます)耐熱性があり、
クッション性があるので優しく搬送でき活躍しています。このように食品会社でも使われています。

綿ベルトを扱う会社ではこういったラインで使われる綿ベルトを取扱っており、
巻物での提供、また交換、現地エンドレスも行っています。

合皮素材のベルト

合皮素材について

合皮ベルトの歴史

人造の皮革は、1850年代ごろから登場しました。
ファブリコイド(Fabrikoid)は初期の人造皮革ではよく知られたもので、
当初はファブリコイド社が、1910年からはファブリコイド社を買収したデュポンが製造したものです。
天然の布地に多層のニトロセルロースを塗布したもので、ベルトや屋根や自動車のシートなどに使われました。

ノーガハイド(Naugahyde)などの、
PVCを塗布する合成皮革が第二次世界大戦以降は主流になりました。
しかしまだ通気性がゼロで、衣類や靴には使えませんでした。

通気性の高いコルファム(Corfam)の靴を1963年にデュポンは発売しました。
翌年には大掛かりな広告キャンペーンをニューヨーク万博などで展開したが、大きく普及はしませんでした。
人工皮革が登場したのはそれより後ことです。

日本で開発された人造皮革では、東レ製のエクセーヌが世界的に著名です。
アルカンターラという名称でベルトや自動車用内装材として高級な車両にも多く用いられています。

合皮と人皮の違いは

人工皮革と合成皮革との大きな違いはベースにある。
また、ポリウレタンが使用される理由として、柔軟性があり変形自由度が高いこと、
軽くて丈夫なこと、触感・風合いが良いことなどが挙げられる。

合成皮革ベルト
織・編布及び不織布、含浸布をベースとしたものです。
色彩や外観、二次・三次加工表現も多様に変化でき商品バリエーションがとても広い。
人工皮革ベルト
牛・豚・羊の皮革を人工的に再現したものでコラーゲン繊維構造に似た
三次元極細不織布に樹脂を絡ませたものをベースとしている。
皮革により近い一体感を持ち、また同じようにに漉き加工もできる。
合成皮革ベルト
織布・編布・不織布またはそれらを起毛加工、
樹脂含浸加工をし、断面構造を皮革に似せています。
乾式タイプのベルト
ベースの起毛を利用しクッション層としてウレタン塗料を施し、
表皮とする方法。また、ウレタン塗料に発泡剤を混入し反応させクッション層を成形させる方法。
湿式タイプのベルト
水に溶ける溶剤を混ぜウレタン樹脂を直接含浸し、
水・温水中をくぐらせることで微多孔層を形成し中間層とする。
銀付タイプのベルト
ベース上にウレタン樹脂を塗布、表面層を形成する。
スエードタイプのベルト
湿式タイプを膨化したもの。
人工皮革のベルト
人工的に牛・豚・羊から得られる皮革を再現。
ベースはコラーゲン繊維構造に似た、三次元極細不織布に樹脂を絡ませている。
銀付タイプのベルト
ベース上にウレタン樹脂を塗布、表面層を形成する。
皮革により近い一体感が出て、同様に漉き加工もできる。
スエードタイプのベルト
マイクロファイバーにを利用した三次元立体繊維構造起毛。
しっとりしたタッチの天然スエードを表現。

ナイロンベルト

ナイロンの素材について

最も早く合成繊維の中で工業化され、米国では1936年から生産が始まり、
日本では1940年から東洋レーヨン(現 東レ)が研究を始め、漁網、
テグスなどの少量生産を経て1951年に本格生産を開始しました。

製造方法

ナイロンベルトナイロンは、アミド基(CONH)で炭化水素基(CH2)が結合されたものが線状に連なった、
線状ポリアミドの一般名であり、ナイロン66、ナイロン6など炭素原子の結合状態によって分類されます。
ちなみにこれらのナイロンが衣料用途においては殆どを占める。
ポリマーはナイロン6繊維の原料となり、石油あるいは石炭からベンゼン、
シクロヘキサンを経て、ε―カプロラクタムが合成されて更にこれを重合して作られます。

また、ナイロン6の中間原料であるアジピン酸と別の石油化学製品であるヘキサメチレンジアミンとを
重合することによりナイロン66繊維が作られます。
溶融紡糸法というおなじ方法でナイロン6、ナイロン66ともに製造されます。

ナイロンベルトの特徴

産業用にはナイロン66が好まれる傾向があるが、
ナイロン6に比べてナイロン66の方が融点は高い(ナイロン6 約220℃、ナイロン66 約260℃)ためで、
衣料用には風合いに少し差が出る為に商品によって使い分けられています。
これら2種類のナイロンの特徴は次の通りである。

  • 1.強度が高く、特に摩耗しにくく摩擦に強く
  • 2.伸縮性があり柔らかい。低温でも硬くなりづらい。
  • 3.反応性が高く、薬品による加工が容易。
  • 4.熱セット性があるため、糸の伸縮加工がし易い。
  • 5.ポリエステルと比較して、原料コストが割高である。
  • 6.ポリエステルと比較して、寸法安定性が少し悪い。
  • 7.長期間経つと黄ばみがでることもある。

用途

上記の特徴を踏まえ、ベルト、インナーウェア、スキーウェア、水着、
ストッキングなどのスポーツ衣料、混紡短繊維などに使用されます。
また自動車のエアバック用素材として耐熱性を活かしナイロン66が使用されています。

化学繊維の中でもナイロンは長い歴史をもっているものの一つで、
衣料用からインテリア用、産業資材用などあらゆる用途に使用されている

他の合成繊維に比べてナイロンは摩耗や折曲げに対して強く、
しなやかな感触をもっていることが大きな特長といえる。
このため軽くて薄く柔軟性に富んだ織物や編物を作ることができる。
さらに染色しやすいなどの特徴もあることから、近年衣料用の新しい素材開発が盛んに行われている。

ナイロンはフィラメントがほとんどで、極めて太いものから非常に細いものまであり、
ランジェリーやスポーツウェア、パンティストッキングなどの衣料分野、
カーペットなどのインテリア分野、さらには漁網、ロープ、タイヤコードなど産業資材分野にも幅広く使用されている。

特徴

非常に郷土の高い繊維の一つ。折り曲げや摩耗などに対しても非常に丈夫。

比重は1.14で生糸の80%、綿の70%という軽さ。
水にぬれてもほとんど水を吸ず早く乾き、洗濯が簡単。
弾力性に優れ、しわになりにくい。
熱可そ性があり適正なセットをすると、伸縮したり、形くずれすることはほとんどない。
薬品、油に強く、海水にもおかされない。
カビ、虫の害を受けない。