コーチのベルト

COACHといえば、Cマークのモノグラム柄の財布やハンドバッグなどの印象が強く、
そのマークをまず思い浮かべることが多いと思うのですが、メンズ・レディースの各対象によって、
シグネチャー・オプ アート・カイラプリントなど非常にバリエーション豊かなラインナップを展開しています。

日本には89年9月、横浜三越に初上陸し、90年代では高級志向の高齢者向けのイメージで定着していましたが、
ファッション、デザイン、広告などあらゆる面で大幅な方向転換をし、若者向けのイメージへ一新させることに成功しました。
現在では、20~30代前後の世代を中心に絶大な人気を誇りとどまるところをしりません。
ベルトをはじめさまざまなアイテムを購入することができます。

なにがこんなにも惹きつけるのでしょうか。
COACHの魅力とは、丈夫で長持ちする耐久性そしてなんといってもオシャレなデザイン、
それを持つことによる一種のステータスではないでしょうか。

そんなCOACH生まれたのは1941年、
マイルス・カーン、リリアン・カーン夫妻と友人たちによって
ニューヨーク・マンハッタンで創業「ゲイル」という名前の皮革小物の工房からスタートしました。

COACHという名に生まれ変わったのは、
1960年代に作られた第一号のバッグをこの世に送り出した時と同じ時期です。
現在のCOACHのコンセプトは、手に届くラグジュアリーです。

街を歩けば必ずCOACHのバッグを持った人が何人も目につきます。
この人気の結果から、COACHのコンセプトを達成しているといえるのではないしょうか。
今後の展開がどうなるのか、どのような商品をこの世に誕生させてくれるのか非常に楽しみなブランドです。