ルイヴィトンのベルト

ルイ・ヴィトンはフランスのスーツケース職人ルイ・ヴィトン、
によって創業されたファッションブランドです。

しかし、ルイ・ヴィトンに人気が出始めたのは創始者であるルイの没後です。
ルイ・ヴィトンはもともとトランク工場として創始が
、その後、パリに世界初となる旅行用鞄専門店をオープンしました。

そしてその後の人気によって規模を拡大し1867年、万国博覧会にも出展しました。
盗作防止のために作られたダミエラインも人気を博し、ロンドンの万国博覧会では金賞をおさめています。

ベージュと茶褐色のチェス盤にルイ・ヴィトンの銘が入ったダミエラインは、
現在白と灰色の「ダミエアズール・ライン」、黒を基調とした「ダミエグラフィット・ライン」
も展開されるほどの人気を誇っています。

定番のモノグラムはもちろんですが、上記したダミエラインも合わせて、
ルイ・ヴィトンは10代から70代まで幅広い年代に支持されているブランドと言うことができます。
最近では、幅広いアイテムが充実しており、ルイヴィトンのベルトなどもそろっています。
モノグラムやダミエラインは柄が一面に書かれている商品にも関わらず、
若い世代のファッションにも合わせやすく、年配の方々のファッションにも合わせやすいという魅力にあふれています。

また、高級ブランドでありながら、製品はとても丈夫で雨にも強く、
日常使いのバックや小物としての扱いやすさも合わせ持っており、
今や日本人にとてもなじみ深いブランドの一つといえます。
近年では村上隆とのマルチカラーのデザインで特に人気を集めたベルトなどが人気です。