エルメスのベルト

エルメスとはフランスのエルメス・アンテルナショナル社によって、
展開されるファッションブランドです。

エルメス社は当初、馬具工房として創業したのちに、鞄や財布などの革製品の製造を手がけていきました。
その背景には、自動車の発展による馬車の衰退があったといわれています。
エルメスのロゴには今でも馬具工房の歴史を表現する四輪馬車のマークが使われています。
エルメスは1837年にティエリー・エルメスによってパリに開かれた馬具工房から始まりました。

その後は、ティエリーの孫にあたる3代目のエミール=モーリスの手によって事業の多角化に進んでいきます。
1892年には、馬具製作の技術を生かし、エルメス最初のバッグ、サック・オータクロア(オタクロワ)を製作し発表しました。
その後、腕時計、服飾品・装身具・香水などの分野にも手を広げ、デザインから製造まで手がけるブランドに成長しました。
エルメスの商品には、最初の所有者の名前が付けられることが多くあります。

品格ある洗練されたデザインや、機能性、品質の高さはもちろんですが、その商品一つにかける職人の思い、
そのバックを所有する人の思いが脈々と受け継がれ、それが今なお人気を誇る理由と考えられます。
その高級感からか若すぎる女性が持つとどこかバッグに’持たれて’しまっているように見え、
買うことはできても使いこなすことは難しいのです。

エルメスのバッグが似合うような大人な女性になることは簡単ではないのですが、
だからこそあのエルメスのバックを’持つ’ことができたときの素晴らしさは言うまでもありません。
最近では、小物のアイテムもそろっており、革ベルト、スカーフなど勢ぞろいです。
中でも革ベルト等はエルメスならではの素材でとっても高級感があります。