マウジーのベルト

マウジーは森本容子さんという109のギャルショップのカリスマ店員だったが方が立ち上げたブランドです。
森本さんは、マウジーを立ち上げるにあたり、ブランドコンセプトと同じくらい「デニム」の作成にこだわったといわれています。

109で働いていた時の感覚やセンスを生かし、
美脚にこだわるギャルたちのの脚が長くキレイに見えるデニム作りにかなりの情熱を傾けました。
ありとあらゆるブランドのデニムを購入し、研究に研究を重ね作られたデニムが今やブランドの定番人気商品となっています。
また、テニムとセットでベルトの提案も多く見受けられます。

マウジーのブランドテーマはセクシー、自分らしく、クールということですが、
店頭に並べれている服はシンプルながらもセクシーであったり、
どこかデザインにひねりが効いていたりとさりげない工夫が凝らされています。

また上記したようにマウジーはデニムに人気があり、
109のギャルファッションをするようなタイプではないモデルなどからも支持をえています。
そんなデニムにあったトップスももちろん充実しており、
デニムファッションコーディネートを楽しむならマウジー!という声が聞こえてきます。

主に支持しているのは10代から20代の女性ですが、
シンプルでコーディネートしやすいベルトやその他のアイテムが多いため、
50代でマウジーのデニムを娘と共用しているという母娘も近頃は多いそうです。